So-net無料ブログ作成

届く、届かないの場所で.

yuka_16_b.jpg

yuka_19_b.jpg

yuka_20_b.jpg

yuka_28_b.jpg

届く、届かないの場所で
それはたぶん、その間隙にあった.
近くもあり、遠くもあった.

そこで伝えたかったことは
何だったのだろうと
想い描いてみる.

Model/Yuka.
コメント(0) 

冷えた、遙かな旅程.

yuka_01a_bl.jpg

yuka_05.jpg

yuka_11.jpg

yuka_14.jpg

yuka_10.jpg

待っているものがあるから、
そう聞こえた夜に.

遙か彼方へ向けて
戸惑いもある
躊躇いもまたある.

だけどそれはたぶん
この旅を選んだときから
始まっていて

全部を抱えたままで
やがて訪れるときを.

ただそれだけを待っているのかもしれない.

Model/Yuka.

コメント(0) 

いつかへ還るために成すべきことを.

kiko_0226_06BW03.jpg

kiko_0226_13BW.jpg

kiko_0226_02BW04.jpg

あのときの、あのトーンへと戻る..戻りたい.
たったそれだけのために
どれほどのものを削られたとしても
それが自分の「帰途」であるなら
僕は必ずそこを通らねばならない.

Model KIKO.

モノトーン復帰作本格始動しつつ
そのいっこ前に「モノクロームショウ」3/2より開催中です.
この展示でしか観れない作品です.

会期中は時間の取れる範囲で僕も在廊したいと
思っています.どうぞよろしくお願いします...

mono_02.jpg

MONOCHROME SHOW vol.2 ー白と黒の間に

3月2日(水)〜3月19日(土)
12:00〜18:00

絵画・写真などの、モノクローム作品展。

総勢25名の作品がズラリと並びます。
それぞれの作家が思うモノクロームとは。
じっくりご堪能下さい。

【参加作家】
武田憲和・重見愛・Eri Tsutsumy
山根久美子・古賀英樹・和田千秋
中村惠子・宮本俊浩・北田明子
坂井存・中村正代・浦のり子
柄沢初代・平尾昌子・原田茂子
山﨑史・山川順子・前畑淳美
廣田利絵・佐々木元気・山野薫
八尋恵・森悠二・髙木幸広・ニホヒロノリ

※DMで発表していたメンバーが一部変更になっております。

■休み:日、月、火曜日
■料金:入場無料
■場所:ヴァルト アート スタジオ
[092-633-3989 福岡市博多区千代4-12-2]

コメント(0) 

変速./Transmission.

kiko_0226_03.jpg

kiko_0226_15.jpg

kiko_0226_14a.jpg

苦しいところでの作品制作...時々ニュートラル.

未だ冷たい風と多忙の中、
短い時間でもこれだけのものを
撮らせてもらえたことに大きな感謝を.

そして次へ見えて来るものへ向けて
視線を走らす時が来る.

ニュートラルからドライブへ.

Model Kiko.
コメント(0) 

真意無き世界でこの歩みを.

e_2016_01blog.jpg

e_2016_02blog.jpg

e_2016_03blog.jpg

あのひとたちみたいに、
うまく笑うことなど出来ないけれど.

この歩みを
真意無き世界へ向けて

いつまでも
そして何処までも.

Models Erika 2014.

コメント(0) 

見なくては帰れなかったと.

kiro_c04.jpg

kiro_c02.jpg

kiro_c03.jpg

一巡りした意識の
不確かで透徹されたものの行く宛てと.

繰り返された邂逅と擦過の往き道で
見て来たものとやがて訪れる
帰るべき時間.

ただひとつ、見て来たものだけを手繰るように
想いは帰る道を探している.

今日も、そしてきっと明日も.
それぞれの相応しき帰途を.
それぞれの帰りみちで.

「だから僕は見なくてはならなかった」

2016年.今夏の写真展
仮タイトルは「帰還者.」
です.

■追記

mono_01.jpg

mono_02.jpg
今年も始まりはここから.
「モノクロームショウVol.2」に
作品出展します.昨年とはまた違う別物の.
完成型的な感じに仕上がっています.

春にWALDでお逢いしましょう.
コメント(0) 

種明かし at 2016.

2016コラム.jpg

2016コラム02.jpg

年末から体調。メンタル...いろんなことが停滞気味で
ずいぶんと遅くなってしまいました。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年の年賀状は例年通り2種類.
個展へ来て頂けた方々へのお礼状も兼ねるもの
自分が2015年に眼にして、触れたものたち.

僕にとってすごく重要な位置を占める
4人の被写体さんたち...そこから繋がる
新しいもの...

訪れた美術館やアートフェス
そこで出逢ったものたち...

どちらも大切な写真を使っています.

何かと大変な一年になりそうですが
ブログ、コラムとどうぞよろしくお願いします。



コメント(0) 

2015/Last Show.

kiko1024203_blog.jpg

kiko1024185_blog.jpg

今年も一年当ブログを観ていただきありがとうございました。

2015年もあと少し.
今年もいろんな方々に大変お世話になりました。

来年もまた、たくさんの写真のチカラ...
感じたり感じさせてもらえることを祈りつつ...
皆さん良いお年を。

2016年にまたお逢いしましょう。
コメント(0) 

「不確か」の在処.

0B0K1022bw.jpg

0B0K1083bw.jpg

0B0K3257bw.jpg

0B0K3144.jpg

「不確か」の在処として.

解熱からの帰還者
その往く宛てとして.

Model/Erika・Yukiko 2008-2014
コメント(0) 

臼杵竹宵2015./雨粒と宵火.

u_blog_02.jpg

u_blog_03.jpg

u_blog_04.jpg

u_blog_01.jpg

昨年に続いての臼杵竹宵2015年は雨.

降ったり止んだりの中、再び雨に濡れて幻想的な
石畳と路地と坂道、古寺のある街を彷徨い歩いてく…
竹宵は特別な夜.雨もまた、特別なのかも.

u_05.jpg

u_02.jpg

臼杵もまた尾道と同じ、旧い街並みと
路地と坂道の街だけど、尾道と違うところは
やっぱりそこに九州の人、.食...匂いがするところかもしれない..
だからふっと安らぎも感じたりするのかな.

幻想的な灯火に見え隠れする
そこに息づく人の想いや情...
それもまたこの街の魅力だと思うから
また来年、ここで...と思うのだ.


コメント(0)