So-net無料ブログ作成

2016.写真展「帰還者」-帰り道の出来事-.

帰還者フライヤー表.jpg

帰還者フライヤー裏.jpg

写真展「帰還者」先行告知フライヤー
A5判/マットコート135kg/1000部/

往きて帰りし想いの行方.

それぞれの往く宛て
それぞれの相応しき帰路.

視なくてはならなかったもの
視ずには帰れなかったもの

行き着いた果てで
帰すことを望んだ者のみが辿る
その帰途で経る擦過と
帰還した先で待つ
その末路となれの果て.

コラムの方で
先に公開していますが、今夏の写真展「帰還者」の先行フライヤーです.

4年連続で、写真展の告知するなんてことは
このブログ初めて7年になりますが初めてのことで
きっと幸せなことなんだろうって思います.

制作はもちろん苦しいことの連続ですが..
今回は特にそう感じます...ギリギリ..

作家としての歩みを、往くことばかりではなく、
自分が歩んで来た道の、その帰路でのことを
写真展というカタチに描くことが出来たなら…

そんな写真展です.
.
.
.
次回引き続いての制作物として
ポストカードもお知らせ出来るかな..と思っています.

コメント(0) 

日々点描(64)/全てを望む.

yuka_a7_01.jpg

SONY α7Ⅱ
Vario-Tessar FE16-35/F4 ZA OSS
絞り優先オート 1/80sec f5.6 ISO100 WBオート
Model/Yuka.

yuka_a7_09.jpg

yuka_a7_11.jpg

yuka_a7_13.jpg

ほんとうに久しぶりの日々点描です.
今回はメーカーさんのご厚意でお借りしたSONY α7Ⅱで
Yukaさんとの作品撮りをしてきました.

貴重な機会をいただいたので
ちょっとインプレッションとか書いてみます.

本格的な撮影でSONYのカメラ使うのは初めてだったのですが、
僕のイメージより柔らかくて優しい絵が出て来るのが意外でした.

レンズにもよるのかもだけど、
SONYのカメラはカチッと来る絵の
イメージがずっとあったので..

1コマ目はモデルさんからも柔らかでお気に入りです!
と言ってもらえました.
さすがはSONY絶対の自信作カメラという感じですね.

人の想いに触れながらの作品撮りに
センサーサイズとかは重視しないので、
OLYMPUSと一概にどうこうと比べるでもないけれど
撮ってるときのフィーリングや細かなボタン、ダイヤル配置...という面では
道具として視て使った時の感覚はやっぱりE-M1かなと...
まあ、高価なカメラ買えない人間の諦観なのですが..

恐らく凄いポテンシャルのあるカメラなのだろうけれど
僕にはそれを持て余してしまうかな..とか感じました.
カメラ一台に「全てを望む」というのも贅沢かもしれませんね.

ただモデルさんが液晶モニタ見て一発で「これすごく良い!」
って言ってくれるカメラは珍しいことなので、
その辺りはさすが..というところですね.

この日も寒い冷えた風の中、頑張ってくれた
モデルさんに感謝です.

過日に掲載したOLYMPUSでのものと
昼と夜との違いはありますが.
比べてどうでしょうか...

コメント(0) 

届く、届かないの場所で.

yuka_16_b.jpg

yuka_19_b.jpg

yuka_20_b.jpg

yuka_28_b.jpg

届く、届かないの場所で
それはたぶん、その間隙にあった.
近くもあり、遠くもあった.

そこで伝えたかったことは
何だったのだろうと
想い描いてみる.

Model/Yuka.
コメント(0) 

冷えた、遙かな旅程.

yuka_01a_bl.jpg

yuka_05.jpg

yuka_11.jpg

yuka_14.jpg

yuka_10.jpg

待っているものがあるから、
そう聞こえた夜に.

遙か彼方へ向けて
戸惑いもある
躊躇いもまたある.

だけどそれはたぶん
この旅を選んだときから
始まっていて

全部を抱えたままで
やがて訪れるときを.

ただそれだけを待っているのかもしれない.

Model/Yuka.

コメント(0) 

いつかへ還るために成すべきことを.

kiko_0226_06BW03.jpg

kiko_0226_13BW.jpg

kiko_0226_02BW04.jpg

あのときの、あのトーンへと戻る..戻りたい.
たったそれだけのために
どれほどのものを削られたとしても
それが自分の「帰途」であるなら
僕は必ずそこを通らねばならない.

Model KIKO.

モノトーン復帰作本格始動しつつ
そのいっこ前に「モノクロームショウ」3/2より開催中です.
この展示でしか観れない作品です.

会期中は時間の取れる範囲で僕も在廊したいと
思っています.どうぞよろしくお願いします...

mono_02.jpg

MONOCHROME SHOW vol.2 ー白と黒の間に

3月2日(水)〜3月19日(土)
12:00〜18:00

絵画・写真などの、モノクローム作品展。

総勢25名の作品がズラリと並びます。
それぞれの作家が思うモノクロームとは。
じっくりご堪能下さい。

【参加作家】
武田憲和・重見愛・Eri Tsutsumy
山根久美子・古賀英樹・和田千秋
中村惠子・宮本俊浩・北田明子
坂井存・中村正代・浦のり子
柄沢初代・平尾昌子・原田茂子
山﨑史・山川順子・前畑淳美
廣田利絵・佐々木元気・山野薫
八尋恵・森悠二・髙木幸広・ニホヒロノリ

※DMで発表していたメンバーが一部変更になっております。

■休み:日、月、火曜日
■料金:入場無料
■場所:ヴァルト アート スタジオ
[092-633-3989 福岡市博多区千代4-12-2]

コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。