So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「逸事と致命傷」フライヤー.

逸事フライヤーブログ.jpg

A5逸事フライヤーブログ裏.jpg

ポストカードの仕上がりも気に入っていたけれど
すごく曖昧で少し説明不足感もあったので
フライヤーも作成しました。

A5判、低コストなマットコート紙です。
ポストカードとペアで、5月初旬より配布開始します。

手から手へ、自分の脚で配布することもまた
大切なことだと思っています。

ご希望ありましたらご連絡いただけましたら
お送りしますので、どうぞよろしくお願いします。

■mail
echoage@train.ocn.ne.jp
コメント(0) 

2019写真展のお知らせ

ポストカードweb表2@_h@ .jpg

逸事ポストカードweb用裏ブログ.jpg

■古賀英樹写真展 「逸事と致命傷」

「あの時は、そうするしかないと思っていた」

心を扼す不確かな傷口。
気付き得ないまま逸した、
覚えの無い傷口がいつしか致命傷になる。

「今は宛先不明となった、いくつかの事象」

一写真作家を通して行方不明となった、
故なき個々の想いが織り成す群像劇。

「機会を逸する」

機を逸することの意味と、報いなき想い。

被写体と、そこで撮り写された肖像を重ねながら、
擦れ違ったままでいることの重さと過失、
意味するものに気付くこと、
やがてそこへ立ち現れる物語。

何かよくわからない
不確かで曖昧な雰囲気と面影だけが、
こちらへ何かを投げかけて来る。

いつしか取り返しのつかない
致命傷にすらなり得ることへの畏れ、
或いは希望を描く。


■カラー銀塩プリント(一部インクジェット出力)
約30点余りで構成。


少し先行して告知します。
7月、WALDで3年ぶりの写真展開催します。ひとまずポストカードを公開です。
配布は4月下旬から。

今回、特にポストカードはまだですか、
と言ってもらえることが多くて、
すごく嬉しいです。

ずっと曖昧なままで、
よく思い出せない。
だけどどこか気になる。
放っておいたらいけないような気がする。

そんなイメージです。

またあらためて書いて行きますので、
夏まで、どうぞよろしくお願いします。
コメント(0) 

真・回顧展- Retrospective-

0B0K1894.jpg

74221_305527492891492_593525288_n.jpg

区切り04.jpg

久しぶりの更新とか.

来たるべき写真展へ向けて
新作の少ない中、
フィルム時代の未発表のものがたくさん.
「真・回個展」
として眠るネガをあらためて
制作しても良いかと思う春.

とはいえ、写真がはっきり若いが...さて...
コメント(0) 

彩るための全てを.Vol.2 全てをあの夏に向けて.

ayaka0616_033.jpg

ayaka0616_039.jpg

ayaka0616_042.jpg

ayaka0616_041.jpg

Model/Ayaka.

Created by OLYMPUS OM-D
E-M1/E-M5mkⅡ.

Special Thanks
from
OLYMPUS FUKUOKA.

nice!(0)  コメント(0) 

風向きは、変わらない.

mana_037.jpg

mana_065.jpg
「風向きは、変わらない」

Model/Manatsu

Created by OLYMPUS
OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

40-150_02.jpg

このレンズだけはと、その画質と描写に惚れ込んで、導入しました.
お借りして使いつつ、すごく自分にしっくり来るレンズです.

引き続きモデルして頂ける方募集しています。
年齢、経験は不問です、
詳細はお気軽にメール
echoage@train.ocn.ne.jpにて
よろしくお願いいたします。
コメント(0) 

「現れる道」WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB.

anna_034.jpg

anna_030.jpg

anna_026.jpg

anna_08.jpg
「現れる道」
Model/Anna

いじめられるのが嫌で
鍵掛けていち抜けた
そろそろ誰か心配して
あやまりに来る.
-訪問者(ヴィジター)ECHOES 1985.-

Created by OLYMPUS OM-D
E-M1/E-M5mkⅡ.
M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO

Special Thanks
from
OLYMPUS FUKUOKA.

引き続きモデルして頂ける方募集しています。
年齢、経験は不問です、
詳細はお気軽に
Mail/echoage@train.ocn.ne.jpにて
よろしくお願いいたします。
コメント(0) 

彩るための全てを.

ayaka1207_03.jpg

ayaka1207_013.jpg

ayaka1207_020.jpg

ayaka1207_04_2.jpg

Model/Ayaka.

Created by OLYMPUS OM-D
E-M1/E-M5mkⅡ.

Special Thanks
from
OLYMPUS FUKUOKA.

OLYMPUS福岡さんとの企画制作、取り組み開始です.
引き続きモデルさんも募集しています。
お気軽にDMお願いいたします。
詳細はメールにて。
echoage@train.ocn.ne.jp
コメント(0) 

「MONOCHROME SHOW Vol.3」 in 2017.

monovol3_blog.jpg

kei_mono_blog04.jpg

kei_mono_blog01.jpg

kei_mono_blog03.jpg

kei_mono05.jpg

Model. Kei at 2015

来年度のスタートも Wald Art Studioで.
現代アートの作家の方々とのコラボ展
「モノクロームショウ Vol.3」に作品出展します。

昨年までの統一パネルは同じですが
今回は正方形と長方形との2種類。。
僕は長方形2点で創ります。

217mm×392mmの比率は写真としては縦長ですね。
そこをアイデア次第で魅せる作品に仕上げるか、
アクリルフォトも素敵でしたが、また違う着想で、
今からワクワクしています。

今夏の個展もモノクロで、連続してモノトーン...
ちょっと拘るのも良いなーと思っています。
コメント(0) 

臼杵竹宵2016./風と灯火と決めたこと.

usu_01.jpg

EM500685.jpg

usu_02.jpg

EM500679.jpg

この時期は例年通りの臼杵竹宵.
昨年は雨でわりと大変だったけれど
今年はお天気には恵まれたものの
冷たい強風が吹いていて...

あちこちのオブジェせっかくの灯りが吹き消されていたけれど
やっぱり臼杵の町並みに竹の明かりが灯ると
雰囲気に呑み込まれそうになります.

大事なことは、いつもここの、幻想的な空気を纏うこの街で
いつもひとつ、決めることがあるということ.
今年もまた、決めたことがありました.

そしてきっとまた来年...
そう思える2016の竹宵でした.


コメント(0) 

尾道2016.秋と猫とソーダの色.

ono_30.jpg

ono_blog01.jpg

ono_blog02.jpg

ono_17.jpg

ono_18.jpg

ono_24.jpg

路地の其処此処に季節の変化や
文化の香りを感じながら
気持ちの赴くままに歩いてく時間の中で

尾道の風景そのものと、自身の中にも
そして消えてしまったものの中にさえ、
変わらないもの変えて行こうとするものを感じて.

今日踏みしめる一歩が、
きっと大きなものになっていく.

ono_blog03.jpg

コメント(0) 
前の10件 | -